エステの永久脱毛で脇の黒ずみが治った体験談

脇の黒ずみができる原因の皮膚への刺激とメラニン色素

29歳の女性です。

私は大学生の頃に脇の黒ずみが気になり始めました。
脇が黒ずんでいることで誰かに見られているんじゃないかという気持ちがあり、電車のつり革を持つことや手を挙げることに抵抗感があり、お洒落をしたい時期なのにノースリーブを着る勇気がなく避けていました。水着を着ても脇はあまり見えないように動いていました。誰も見ていないかもしれないけど、とにかくこの頃は「もし見られたら」という気持ちが強くありました。

脇の黒ずみの原因は自己処理によるものだと思います。自己処理をするときはカミソリか毛抜きで処理をしており、当時は肌のことなど気にせず適当に処理をしていました。自己処理がなぜいけなかったのか。それは脇の皮膚は薄いため色素沈着が起こりやすいという点です。

色素沈着とはメラノサイトが皮膚を守るためにメラニンを過剰に作る防御反応の一種で、刺激を与えれば与えるほどメラノサイトは活性化して増えていきます。
色素沈着が起こりやすい脇をカミソリで剃り、摩擦が起こり、皮膚も一緒に削れているため皮膚への刺激が増えていました。そして上手く剃れなかった場所は毛抜きで抜いており、抜いた刺激で皮膚に炎症が起こっていました。この炎症が治る過程でも色素沈着が起こったり、皮膚が硬くなって黒ずみが発生していたのです。

メラノサイトと脇の皮膚が薄いという点から脇の黒ずみが発生し、炎症や色素沈着を何回も繰り返すうちに脇の黒ずみは濃くなり、人に見られることに抵抗感を持つようになりました。

 

永久脱毛でムダ毛処理による刺激が減り、脇の黒ずみは徐々に治った

私がわきの黒ずみを解消できた方法は脱毛です。
友人に誘われたエステがきっかけで脱毛を始めることになりました。
初めに脇のトラブルの写真を見せられ、なぜこれらが起こるのかの説明がありました。脇のトラブルのほとんどが間違った自己処理によるものだそうです。
間違った自己処理によって、色素沈着や炎症、毛が埋まるなどのトラブルが起こる。しかしまた同じ方法で処理をしてしまう。だから黒ずみや他のトラブルが悪化するそうです。そしてこのエステで行っている脱毛方法の説明です。美容電気脱毛といって毛穴に細いニードルを刺して電流を流し、脇毛が生えてこないようにするものです。
これらの説明を受けた後に脇の皮膚の状態や毛量を見てもらい、どのくらいの費用が掛るかを見積もってもらいました。

そして脇毛が生えている状態で脱毛をしないといけないので脇毛がある程度生える頃に予約を取り施術が始まりました。初めは2週間に1回のペースで通い、量が減ってくると1か月に1回、2か月に1回と通う回数が減っていきました。
この美容電気脱毛のメリットは永久脱毛なので脱毛をしたら生えてこないところです。レーザーなどはまた生えてくるから通わなければいけないという話を聞きましたが、美容電気脱毛は毛根を死滅させるので生えてきません。1度通い始めたら自己処理は禁止なのでカミソリや毛抜きを使うこともなくなりました。それによって自然と脇の黒ずみは無くなりました。

デメリットは通っている間は脇毛を生やしっ放しという点です。脇毛が生えているところにニードルを刺して電流を流していくので脇毛が生えている状態でないと施術ができません。電流を流したあとはスタッフの方が抜いてくれるので大丈夫です。他にも毛穴1つ1つを処理していくので時間がかかる、電流を流すときに少し痛みを感じる、費用が高いなどがあります。

学生時代に通い始めた私にとっては費用で悩みましたが、学生でも支払いがしやすいように考えてくれ無理なく支払うことができました。
もし脱毛をしていなかったら未だに脇の黒ずみに悩んでいたかもしれませんし、もっと脇のトラブルが増えていたかもしれないので脱毛をしてよかったと思います。

何よりも脇の黒ずみが無くなったことで、ノースリーブも着ることができますし、人目を気にしなくてもよくなったことが一番よかったです。

関連記事

NO IMAGE

レーザー脱毛で脇の黒ずみが治る理由

NO IMAGE

スポーツで黒い脇になってしまったら日々のクレンジングケアで改善

NO IMAGE

皮膚科処方のハイドロキノンクリームで脇の下が美白化

NO IMAGE

美容皮膚科のハイドロキノンクリームと同じ効果のある脇専用美白ジェルで治す

NO IMAGE

脇の黒ずみ除去効果がある手作り豆乳ローション