脇の黒ずみ除去効果がある手作り豆乳ローション

脇の黒ずみに悩んだ経験。カミソリによるムダ毛処理が黒ずみができた原因

31歳の女性です。

思春期の頃から脇が黒ずんでいるのが気になっていました。しかし何もすることなく時間だけがただ過ぎていきました。
思春期になり脇の毛が生えてきて毎日カミソリで毛の処理をしていたことで色素沈着をおこして脇が黒ずんだのだと考えられます。
悩んでいたものの私の学生時代にはネットがあまり普及していなく原因が何故だか調べることが出来ずに原因解明が出来ずじまいでした。

大人になって調べてわかった事は、黒ずみの原因はまず刺激です。カミソリでの処理は肌に負担を与えてしまい、その刺激や摩擦によって肌の色が変化し黒ずんでしまうので色素沈着の原因の一つになります。
またメラニン色素の増加が原因です。カミソリの刺激や傷から肌を守ろうとメラニン色素を過剰に生成してしまう事によってメラニン量が増えてしまい新陳代謝が追いつかなくなってしまい黒ずんでしまうのです。
メラニン色素は、日焼けだけでなく物理的な刺激にも反応してメラニン色素を生成してしまいます。

この原因がわからなかったので、海に行ってプールに行けない、プールの授業は恥ずかしい想いを常にしていました。また夏になったらノースリーブの服を着るなんて考えられなかったです。例え、ノースリーブではない半袖の服を着ていても夏の電車内では吊革につかまれなかったですし、電車内で綺麗な脇の女性がノースリーブを着ているのを見るととてもうらやましかったです。綺麗な脇だったらもう少し楽しい青春時代が送れたのかなと悔やまれます。

脇の黒ずみを解消した方法は手作り豆乳ローション

私は、手作り豆乳ローションで脇の黒ずみを解消しました。市販の豆乳ローションも効果があると聞いたのですが、手作りだとさらに効果を感じられるという事を耳にしたので豆乳ローションを手作りしました。毎日お風呂上りに手作り豆乳ローションを脇に塗るだけです。
メリットは、副作用がない事、肌が荒れないことです。脇に豆乳ローションを塗ったついでに身体にも塗るとお肌がしっとりし色白にもなります。また、カミソリによる色素沈着に悩んでいましたが、豆乳ローションは抑毛効果がある為、毛を生やすサイクルを送らせてくれるのでカミソリを使う頻度が減り、(人によっては毛が生えてこなくなるそうです。)さらに色素沈着の原因になるカミソリを使う頻度が減ります。ですから、黒ずみになる原因を減らすことが出来、元々ある黒ずみを薄くしていってくれるので一石二鳥です。
メリットが多い手作り豆乳ローションですが、デメリットを強いて挙げれば、手作りするので防腐剤が入っておらず劣化するのが速いので決まった期間で使い切らないといけないこと。私が手作りしたものは、1週間が品質を保持する期間だったので1か月で4回手作りするのが少し面倒でした。しかしそのデメリットがあってもメリットの方が大きいので続けられました。(冷凍庫を持っている人は、冷凍保存できます。)
私は、高濱さんという医師が考案した高濱式豆乳ローションを試したのですが、先生によると豆乳ローションを1〜2か月使った8割の人が何らかの効果を実感したという報告があります。

関連記事

NO IMAGE

エステの永久脱毛で脇の黒ずみが治った体験談

NO IMAGE

スポーツで黒い脇になってしまったら日々のクレンジングケアで改善

NO IMAGE

美容皮膚科のハイドロキノンクリームと同じ効果のある脇専用美白ジェルで治す

NO IMAGE

皮膚科処方のハイドロキノンクリームで脇の下が美白化

NO IMAGE

レーザー脱毛で脇の黒ずみが治る理由